こちらは業界超人気のスーパーコピーブランド時計,バッグ,財布ショップです!

Nランク最高級ブランドコピー販売、スーパーコピー品質2年保証で、納期 は6日です。
コピーブランド時計一覧
  • CORUM
  • A.LANGE&SOHNE
  • HERMES
  • JACOB&Co
  • ORIS
  • BAUME&MERCIER
  • PIAGE
  • SEIKO
  • DE GRISOGONO
  • TIFFANY&CO.
  • MAURICE LACROIX
  • Ebel
  • Blancpain
  • GUCCI
  • Nubeo
  • LOUISVUITTON
  • TUDOR
  • CHAUMET
  • GIRARD PERREGAUX
  • RICHARD MILLE
  • MONTBLANC
  • JUNGHANS
  • CLERC
  • PATEKPHILIPPE
  • GIULIANO MAZZUOLI
  • Christian Dior
  • TUTIMA
  • Chronoswiss
  • Glashutte Original
  • Alain Silberstein
  • LONGINES
  • Hamilton
  • ULYSSE NARDIN
  • AQUANAUTIC
  • FREDERIQUE CONSTANT
  • GRAHAM
  • BALL WATCH
  • JAEGERLECOULTRE
  • PORSCHE DESIGN
  • VACHERON CONSTANTIN
コピーブランドバッグ一覧
  • CELINE
  • GOYARD
  • CHROME HEARTS
  • SAINT LAURENT
  • BOTTEGA VENETA
  • Christian Dior
コピーブランド財布一覧
  • CHROME HEARTS
  • CELINE
  • SAINT LAURENT
  • Christian Dior
  • 現在位置:
  • ホーム > 最新情報 > ブランドバッグ、ブランド時計、ブランド財布の本物・偽物の見分け方

ブランドバッグ、ブランド時計、ブランド財布の本物・偽物の見分け方

コピーロレックスを見破る6の方法
コピーロレックスをつかまないためにはまず偽物を知ろう

何かの商品が人気になると、その類似品というものは、大量に出てくるもの。それは当然ロレックスにもあてはまる。ロレックスの偽物は、大都市の繁華街の露店やインターネットのオークションサイトなどで、誰でも簡単に手に入れられ、最近はETA社製のムーブを搭載した、精巧なコピーも増えている。

また、ロレックスのコピー品はモデルごとに各種存在して、ほとんどが自動巻きムーブを搭載するなど、近年は実に手のこんだコピー品が流出してきている。そうした偽物にだまされないためにも、まずはどんなコピー品があるかを把握して、本物との違いを知ることが必要なのだ。

コピーロレックスはディテールのチェックで判別できる

ディテールのチェック

ディテールをじっくり観察すればビギナーでも判別できる

数多く出回るコピー品を知るにはまずその機能をチェックすることだ。デイトナのクロノグラフなどは、機能面を実際に操作することで、偽物と判別することができる。しかし例えばサブマリーナでは、コピー品にも逆回転防止ベゼルが装備されているし、300mという防水性のチェックも購入時には当然できない。そんなときでも、ディテールさえちゃんとチェックできれば簡単に判別はつくのだ。

本物のサブマリーナの特徴はエクステンションブレスや一体成形のフラッシュフィットなど、プロの使用にも耐える頑丈な作りだが、対してコピー品は作りが甘い。クラスプのロゴの刻印や拡大鏡など、質が極めて低いのが判別のポイントだ。実際、本物と偽物を比較すると、サイクロップレンズやロゴの王冠マーク、リューズやクラスプにいたるまで、コピー品のつくりは粗悪だ。本物のディテールを知っていれば、問題なく見破るはずだ。

デイト表示

サイクロップレンズの質と数字のフォントをチェック

デイト表示デイトジャストをはじめ、サブマリーナやエクスプローラーⅡなどに採用される、サイクロップレンズつきのデイト表示は、各モデルのフェイスデザインのポイントとなる部分のひとつである。

最近のスーパーコピーではデイトジャスト機能が採用されるものもあるが、ほとんどは徐々に日付が変更していく。スーパーコピーであっても拡大鏡が見にくく、視認性が低い。他にも文字のフォントの違いにより、本物とコピー品との判別が可能。

王冠マーク

王冠の形状は手の長さとそのバランスでチェック

王冠マーク全モデルに共通して12時位置にはクラウン(王冠)マークが刻印される。エクスプローラー、サブマリーナ、GMTマスターでは、このマークが白でプリントされる。

一方、デイトナやオイスターパーベチュアルデイトではアップライ卜仕上げになっており、コピー品のクラウンマークは粗雑。とくにアップライト仕様のものはその粗さが目立つ。また、ニセモノは銀色でプリントされるケースがほとんどだ。

ダイヤルのロレックスロゴ

ロゴマークは文字の色と全体のバランスがポイント

ダイヤルのロレックスロゴ通常、黒文字盤には白い文字でプリントされるロレックスのロゴマーク。なかなか判別は難しい。本物と比較すると、フォントが縦長であったり、スペースが開きすぎていたり、明らかに違うコピー品がある。

黒文字盤に関しては、コピー品は銀の文字でプリントされるパターンが多く見られる。ただ、なかなかシロウトには真偽の判別は難しい。

リューズの王冠マーク

リューズはクラウンマークの形状とバランスをチェッ

ロレックスの全モデルのリューズには、クラウンマークが刻印される。さらに、クラウンマークの下に刻印されるマークにより、トリプロックをはじめとしたリューズの形式などが判別できるようになっている。

本物はねじ込み式のリューズを採用しており、コピー品もねじ込み式を取り入れてはいるものの、質が悪いため防水性には不安がある。リューズ自体の形状やロゴマークの刻印も粗雑。

クラスプの王冠マーク

クラスプのクラウンマークは刻印の深さと形状に注意

ロレックスの重要パーツにはクラウンマークが刻印されているが、もちろんクラスプにもクラウンマークが刻印される。本物も各モデルのブレスの形状により、クラウンマークの位置も変わってくる。

最近、エンドピースにフラッシュフィットを採用した質の高い偽物のブレスも登場している。ただ、コピー品は全体的に質が悪く、ガタつきが多い。クラウンマークの刻印もプレス、形状が甘く、明らかにコピー品だということがわかる。

クラスプ内のロゴ刻印

クラスプはプレス処理と重なり具合で見分ける

フリップロック式やオイスターロック式など、ブレスレットのクラスプ内部にはロゴマークが精巧に刻印され、2枚の凹凸がピッタリと重ね合わさるように仕上げられている。

購入時にココまでチェックするのは困難かもしれないが、コピー品はプレスが浅く、凹凸やロゴマークが逆さの場合もあるので、2枚の凹凸がきちんと重なり合うことはない。クラスプ自体も安価なパーツであるため、ガタつきが目立つ。


ルイヴィトン、本物・偽物の見分け方

目利き・その1/裏側の製造番号!

上2枚が偽物で下2枚が本物です。
内側の素材が違います。製造番号の字体も違いますし、偽物には、ボタンが付いています。

ちなみに偽物は98年の9月製造

本物は2002年の10月と読めます。

本物は折り返しの裏側など、製造途中でないと入れられない部分にアルファベットと数字の製造番号が入っている。
英字=生産工場、数字=生産年月。
 CA=スペイン、SD=アメリカ、LP=ドイツ、FA=スイス工場で作られている。
 これ以外はフランス工場。
「MADE IN USA」とあるのに番号がFA(スイス工場製)になっていれば明らかに偽物!
また完成してからでも刻印出来る場所に製造番号が付いているのも怪しい。
そもそも解りにくい場所に打たれている製造番号なので、ここまで精密に再現する偽物は少ないと言われています。
がっ!保証書までもが偽造され精密にコピーされているものが毎年急増して、出回っていることも事実です。


目利き・その2/LVマークに注目!

上2枚が偽物で下2枚が本物です。
LOUIS VUITTONの字体や made in の「i」の上の点が偽物は潰れています。

一般に一番有名なヴィトンのモノグラムの偽物の見抜き方。

それは生地の上にずらりと並ぶ「LV」マーク! この印象のマークが絶対切れないような裁断をしてあるのが本物。このマーク以外の所で断ち切りしてあるはずだ。偽物はいい加減な所で真二つの場合もある。ただし最近の偽物にはここまで再現するツワモノもあるので、本物であると言う絶対的証拠とは言えないかも。


目利き・その3/縫製や材質!


ルイヴィトンのバケツのすべて偽物の画像です。

字体やが違ったり、ファスナーのLVも本物と比べると線が細いように思います。

これはモノグラムに限らないが、ヴィトンは材質や縫製にもうるさい。
縫製が乱れていたり、接着材がはみ出していたり新品なのに鋲や金具のメッキが剥げていたり、
トンカチで叩いた跡があったら、それは即偽物!
意表をついて注目したいのは買った時にバックが入っている中袋!
きちんと縫製されているし、裁ち目の部分もしっかりかがり縫いしてあり、
こんなところにも金をかけてるなぁと言うのが、良く解ります。しかし、この中袋も精巧に出来た偽物がかなり出回っているようです。


目利き・その4/ジッパーの金具!

上2枚が偽物で下2枚が本物です。

外のダブルファスナーと内ポケットのファスナーの画像です。

比べると違いがよくわかります。

ヴィトンのジッパーの金具には必ず「LV」マークが入っている。

これが「LV」マークが無かったりメッキが剥がれていたりツヤがない物はかなりの高い確率で偽物。


シャネル財布の見分け方

CHANEL ギャランティカード 見分け


シャネルにはギャランティカードというカード証明書がついています。

バックや財布など購入すると、このギャランティカードもついてくるのですが・・

このギャランティカードとは何か?を分かる限り説明します。

国内正規店・海外正規店ともにシャネルブティックで購入した場合についてきます。
※アクセサリー一部、サングラスなど小物には付属していない場合があります


表は全て共通ですが、違うのは裏です。

まず、シリアル番号を確かめましょう!

カード裏面に数字がありますので、その番号が製品のシリアルシールと一致するか

確かめましょう!

シリアルシールは製品のどこかに白く数字のシールが貼ってあります! 
※場所は製品により違います

ギャランティカード裏面のシャネルマークの透かしがあるか確かめましょう!

○のところにシャネルのココマークの透かし。

コピー品などは透かしではなく、シャネルマークを印字してある。

【透かしかどうか?の判別方法は】
角度を変えて見て、どこからでもマークが見えれば印字で偽物!


次はカード裏面にシリアル番号の文字と番号の桁数確認!

シリアル番号は年代が古くなれば、7桁の1番台からスタート

新作なのに7桁は絶対にありません

※2012年で8桁で16番台になってる

それと、もし「1」の数字があれば・・・

「1」の○の部分を見て、1の下部分の突起がなければ×

など、カードだけでも見る場所は沢山あります。


もし、正規店のギャランティカードがあるなら、字体を比べるとわかります!


-ギャランティカードの注意点-

①ギャランティカード裏面の番号と内部に貼ってあるシリアルシールの数字があっているか??
②透かしがあるか?また印字かどうか?
③桁数が7桁・8桁(7桁の1番台から始まり今現在は17桁になっているので8桁になる)
④字体があっているか?

弊店はスーパーコピーブランド通販専門店です!最新デザインのスーパーコピー時計完成 度は高く1:1、品質は本物ブランドコピーに匹敵する程の偽物スーパーコピーN級品、 品質保証も2年です、激安の大特価でご提供します.

前の:パヴェダイヤが輝くブルガリスーパーコピーのアイコンコレクション「B.zero1(ビー・ゼロワン)」に新作登場

次の:ハミルトン時計コピーの歴史を生誕の地ランカスターに訪ねてコピーブランド腕時計専門店